色無地の利便性

喪服としても利用できる

皆さんは、色無地というものをご存知でしょうか?色無地というのは、和服の一種で、柄の入っていない和服のことを指しています。しかし、柄の入っていない和服の中でも、黒は喪服と呼ばれるためこの色無地とは呼ばないため、黒以外の色の無地の和服を呼ぶ時に使われます。着物と言えば派手な柄などで綺麗に着飾る時などに着る印象がありますが、色無地だと柄が無いため派手に着飾ることはできませんよね。
では、色無地の着物はどんな場合に着るのでしょうか?実はこの色無地は様々な場面で使うことの出来る便利な着物なのです。色無地の中でも紋をつけない場合は、普段着として気軽に着る事ができ、一つ紋を加えれば普段着ではなく、お茶会や祝賀会など正式な場での着る事のできる略礼装になることもできるのです。
さらには、黒の帯をつけることで略式の喪服としても着る事ができ、様々な場面で着用することができるのです。このように色無地の着物は、成人式などで着るような派手な装飾や柄などはありませんがその代わりに様々な場面で使用する事ができるためとても重宝される着物であると言えます。皆さんも、着物をご購入される際は、是非1着色無地の着物を買ってみてください。

不自然にならない

みなさんは色無地の服を持っているでしょうか。色無地の服はすごい便利なアイテムだと私は思っています。なのでぜひみなさんにおすすめしたいので、ここでは色無地の服の利便性を話していこうと思います。まず色無地の服は誰でも着やすいアイテムです。若い人から高齢な方までの間の人誰が着ても不自然にならないというのがこの色無地の特徴でもあります。
若い人ならパーカーやTシャツなどの色無地でコーデするとおしゃれに見えますし、大人の方は色無地のポロシャツなどを着て大人っぽさを出すことができます。さらに色無地なら他人にあげやすいですし、貸してあげやすいというリユース性があるので、とてもエコなアイテムともいえるでしょう。例えば何回も着たから飽きたなと思ったときに、シンプルな色無地の服は多くの人が欲しがるアイテムなので、他人にあげやすいということになります。
さらに色無地はシンプル故に様々な場面で着ることができます。デートのときや家族や友達との買い物、部屋にいるときや外出するときなどどんなときでも違和感を感じません。それはシンプルだからこそなんにでも溶け込む性質があるからだと思っています。色無地は非常に便利なのでぜひ一着は持っておいた方がいいアイテムです。

Choices Post

シーンによって色無地を使い分ける

帯や羽織に合わせやすい 男性着物の色無地は柄や模様もなく、見た目に地味な印象を受けがちかもしれません。しかし、色無地に…

More...

男性着物の色無地ってどんな時着るの?

一着持っていたら安心 色無地の服を着ている人が多くなっているほど、色無地服は人気のアイテムとなっています。色無地といえ…

More...

色無地の利便性

喪服としても利用できる 皆さんは、色無地というものをご存知でしょうか?色無地というのは、和服の一種で、柄の入っていない…

More...

色無地でおしゃれに

柄が無いのでシンプル 色無地は柄のない無地の着物のことです。柄の入った訪問着や振り袖などの着物は着ていく場所や着る時が…

More...

Copyright(C)2017 男性でも女性でもフォーマルにもカジュアルにもなる万能な色無地 All Rights Reserved.