シーンによって色無地を使い分ける

帯や羽織に合わせやすい

男性着物の色無地は柄や模様もなく、見た目に地味な印象を受けがちかもしれません。しかし、色無地には色無地の利点があります。着物を普段から着る個人としての感想ですが、その利点を紹介したいと思います。
まず、色々な場面に対応できる所です。一般的な紋付き袴を推奨される場面以外には、全て対応できてしまいます。3つ紋までの羽織と袴と合わせれば準礼装。羽織だけ羽織って少しあらたまった美術館や料亭などへ。俗に言う着流し姿で普段着として。一枚あるだけで、こんなに対応できます。
次は、柄物と違ってあまり着る人を選びません。柄物ならば色柄によっては似合わない、なんてこともあり得ますが色無地ならば、ほぼ無いでしょう。あまりに極端な色ならば話は別ですが、一般的な色合いならば、この色の方がよりいいはあったとしても、この色はダメだろということは稀な例だと思います。
そして、これが個人的には一番の利点なのですが、色々な柄の帯や羽織と合わせやすいです。色無地そのものの自己主張が弱い分、帯や羽織を合わせて選びやすいのです。さすがに、ちぐはぐな色合いで着てしまうとおかしいですが、そこにさえ気を付ければ、割にどんな色柄とも合わせられると思います。まあ、これは洋服の時も同じです。

色んな場面で対応できる

色無地とは和服の中に柄などが一切施されていない、黒以外で無地素材の和服の事を言います。一着持っていると重宝する事の多い色無地ですが、色無地の使用方法はさまざまで、家紋を入れて訪問着として着用したり、お茶席やお宮参りなどで着用するのが一般的となります。色無地は紋の数が多いほど格が高いと言われていますが色無地ですと一つ紋が多いです。その他の色無地の使用方法としては、卒業式の付き添いに着用したり稽古事や法事などにも着る事が多いです。
法事に色無地を着用する際はなるべく地織りが小さい物を選ぶようにしましょう。吉祥模様は避ける事をおすすめします。色はグレーやくすんだ紫など、ダークで地味な色が良いです。卒業式やお茶席などでは帯合わせをする事で様々なコーディネートを楽しむ事も可能です。染名古屋帯や古典柄の袋帯、洒落袋帯などカジュアル感やフォーマル感を出すことが出来ます。
色無地は季節によって着用するものを変えます。春、秋、冬季には比較的厚手の生地な為重量感のある、袷を着用します。6月や9月に着用する事が多いのは単衣です。真夏に着用する絽は屋外のパーティーや結婚式にオススメです。季節によって色無地を変えてみましょう。

Choices Post

シーンによって色無地を使い分ける

帯や羽織に合わせやすい 男性着物の色無地は柄や模様もなく、見た目に地味な印象を受けがちかもしれません。しかし、色無地に…

More...

男性着物の色無地ってどんな時着るの?

一着持っていたら安心 色無地の服を着ている人が多くなっているほど、色無地服は人気のアイテムとなっています。色無地といえ…

More...

色無地の利便性

喪服としても利用できる 皆さんは、色無地というものをご存知でしょうか?色無地というのは、和服の一種で、柄の入っていない…

More...

色無地でおしゃれに

柄が無いのでシンプル 色無地は柄のない無地の着物のことです。柄の入った訪問着や振り袖などの着物は着ていく場所や着る時が…

More...

Copyright(C)2017 男性でも女性でもフォーマルにもカジュアルにもなる万能な色無地 All Rights Reserved.