男性着物の色無地ってどんな時着るの?

一着持っていたら安心

色無地の服を着ている人が多くなっているほど、色無地服は人気のアイテムとなっています。色無地といえば好きな色のものを選べるという利点があるのが特徴ですが、今回はそのなかで白色のものをおすすめはしたいと思います。
色はかなりたくさん種類があるもので、色の若干の違いがあるだけで印象ががらりと変わったりするのが色のすごいところです。その中でも白というのは最も明るい色です。なのでとても清潔感溢れる感じになりますし、着ている人を明るくしてくれます。
先程白は色の中で最も明るい色といいましたが、これはファッションにおいてとても便利なのです。みなさんがファッションで悩むことは色の組み合わせだと思うのですが、白はどんな色よりも明るいので全ての色と組み合わせることが可能です。黒と色のモノトーンや青と白の清涼感あるスタイルなどどれをとっても似合います。なのでファッションが分からないという方にとっては非常に使い勝手のよいアイテムとなるでしょう。
後白ということで着る機会が多いと思います。派手すぎる服装がいけないといときも着ていけますし、ラフな格好にもなりますしとても使い回せるのです。白の無地は多くの人が使っているので、もし持っていなかったらぜひ一着おすすめします。

男性着物でも色無地

男性用の着物として色無地は無難です。どんな場面に着ていいのか迷う方も居られると思います。そんな質問にお答えします。色無地着物はいつ、どんな場に着ていけばよいのかというと、礼装が推奨される場以外になら着て行っても大丈夫です。色無地の着物ですが、準礼装と言われるフォーマルな装いから、普段着のようなカジュアルな装いにまで対応できます。
とはいえ、着ていく場に合わせてコーディネートする必要はあります。準礼装として扱うのであれば、色無地のほかに角帯、袴、そして3つもしくは1つ家紋の入った羽織が必要です。そして、色無地の生地も絹である必要があります。格を落として外出着にもなります。この時ならば、色無地に角帯が基本です。そして、紋無しの羽織で大丈夫です。美術館などの少し改まった場などに着ていくには最適かと思います。
さらには、普段着にも使えます。この時は、生地や羽織など特に決まり事はありません。俗に言う着流し姿でも大丈夫です。ただし、着ていく場には気をつけましょう。気安い集まりなどにはいいですが、食事会などの時にはやめて置いた方が無難です。着ていく場面を判りやすく洋服に例えるならば、準礼装はスーツ。外出着はお洒落着です。普段着ならばTシャツくらいの感覚でいましょう。

Choices Post

シーンによって色無地を使い分ける

帯や羽織に合わせやすい 男性着物の色無地は柄や模様もなく、見た目に地味な印象を受けがちかもしれません。しかし、色無地に…

More...

男性着物の色無地ってどんな時着るの?

一着持っていたら安心 色無地の服を着ている人が多くなっているほど、色無地服は人気のアイテムとなっています。色無地といえ…

More...

色無地の利便性

喪服としても利用できる 皆さんは、色無地というものをご存知でしょうか?色無地というのは、和服の一種で、柄の入っていない…

More...

色無地でおしゃれに

柄が無いのでシンプル 色無地は柄のない無地の着物のことです。柄の入った訪問着や振り袖などの着物は着ていく場所や着る時が…

More...

Copyright(C)2017 男性でも女性でもフォーマルにもカジュアルにもなる万能な色無地 All Rights Reserved.