色無地はおしゃれのみせどころ

個性を発揮

色無地の着物は文字通り柄の無い黒色以外の単色の着物です。染めてある生地とは別に自分の好みの色に染めることもできます。お店によっては細かく染め粉を微調整してくれるところもあるので、自分だけの世界にひとつの着物を作ることもできます。着物の色や紋をつけるのとつけない場合で少し着られる場所に違いがありますが、夏をのぞいて一年中、幅広いシーンで着ることができます。
色無地の大きな魅力は一枚で帯と小物の使い方で自分の個性が発揮できて、同じ着物なのに全く別の着物のようにみせることができることです。「着物一枚に帯三本」と言われますが、色無地にぴったりな言葉です。豪華な金銀糸を使った古典の帯を合わせ小物の色をおさえれば華やかさと品格がありフォーマル感がでて披露宴にぴったりです。金銀糸をおさえた袋帯や格のある塩瀬などの名古屋帯を合わせればお茶会に、カジュアルな名古屋帯を合わせれば観劇、お茶のお稽古などおしゃれ着として着ていくことができます。
どのようにコーディネイトするかによっておしゃれ度が変ります。逆に言えばコーディネイト次第で平凡な着こなしにもなります。誰がきてもある程度になる小紋や付け下げ、訪問着と違って自分のセンスが試されることになります。自分のおしゃれ度次第でどのようにも着こなせる着物が色無地も魅力です。

フォーマルな色無地

着物は一般的に華やかに染め上げられた柄物や、有名な織物の印象が強いのですが、「色無地」と呼ばれる無地の着物があります。色無地は、黒以外の一色に染められ柄はついておらず、地織で複雑な模様織り出した着物を指しています。最近の贅沢な柄物の洋服に見慣れた目から見ると、ちょっと物足りなく地味にも見える色無地ですが、フォーマルな意味も持っています。
歴史的に現在の華やかな友禅染などに代表される染は最近の技術ということもあり、それ以前は機で織り出した複雑な柄の汚れがない無地の方が格が上でした。汚れた無地はごまかしがきかないため、後から柄を描き入れるなどしていたのです。色無地の格は、紋なしは軽い外出着、1つ紋はお茶会や祝賀会に出席する際に着られるような略礼装となります。三つ紋をつけると、紋なしの訪問着より格が上となります。色無地に合わせる帯は、織の名古屋帯または袋帯で金銀糸や箔が使用されたものを合わせると格が上がります。
また、弔時の色喪服という美しい装いが和装にはあります。正式で格が高いのは黒喪服に黒喪帯ですが、通夜や法事には、グレーや渋い抹茶色、暗い紫の色無地に黒喪帯という略喪装も見かけます。着物は決まり事が多く、今の時代の人にとっては堅苦しくてわかりづらいことも多く閉口しますが、色無地なら洋装のワンピースに似たお洒落感覚で入っていけそうです。

他社との違いは、サイズが豊富な点と、実際に手にとって品質やお顔映りをご確認いただける下見サービスを提供していることです。 多くの種類のレンタル着物を豊富に取り揃える事により、お客様がご希望される着物を、お貸出来る事がメリットです。 1954年の小売業から始まり、その後も時代のニーズを捉えながら、地域に根ざした実績を積み上げてきました。 色無地のきものをお探しならこちら

Choices Post

シーンによって色無地を使い分ける

帯や羽織に合わせやすい 男性着物の色無地は柄や模様もなく、見た目に地味な印象を受けがちかもしれません。しかし、色無地に…

More...

男性着物の色無地ってどんな時着るの?

一着持っていたら安心 色無地の服を着ている人が多くなっているほど、色無地服は人気のアイテムとなっています。色無地といえ…

More...

色無地の利便性

喪服としても利用できる 皆さんは、色無地というものをご存知でしょうか?色無地というのは、和服の一種で、柄の入っていない…

More...

色無地でおしゃれに

柄が無いのでシンプル 色無地は柄のない無地の着物のことです。柄の入った訪問着や振り袖などの着物は着ていく場所や着る時が…

More...

Copyright(C)2017 男性でも女性でもフォーマルにもカジュアルにもなる万能な色無地 All Rights Reserved.